早稲田大学、渡部直己教授を解任

 女子学生に対するセクハラ行為があったとして、文芸評論家の渡部直己(66)が、早稲田大学文学学術院文化構想学部の教授を解任されました。

 渡部直己は1974年に早稲田大学第一文学部を卒業。1987年に早稲田文学の12月号で評論家デビュー。1997年に近畿大学文芸学部教授に就任。2008年4月に早稲田大学文化構想学部の教授に就任していました。

 しかし、先月元大学院生の女性がセクハラやパワハラの被害があったと、早稲田大学側に申し立て書を提出。大学側は調査委員会を設置し、渡部氏は辞表を提出していました。

 申し立てを行ったのは、2016年4月に同学部の現代文芸コースに入学した女性で、本人や周囲の人間が気がつくほど足をガン見したり、頻繁に2人で食事に行き「俺の女にしてやる」と言われたり、体に触れたり、等様々なセクハラ行為があったとしています。

 調査委員会はこれらの事実を認定、解任を決定しました。

 また、女性は別の教授(男性)に被害について相談しましたが取り合って貰えず、更に繰り返し口止めをされたそうです。結局精神的苦痛から通学できなくなり、今春退学し、6月に申し立て書を提出しました。

 日常的にセクハラ行為が繰り返されていたようです。どう見ても今回が初めてではなく、過去にも被害者がいたとみるのが妥当です。口止めをしたという別の教授の件と共に、他にもセクハラがなかったかどうか調査するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です