11月の経常黒字、前年同月比85・5%減

 財務省は、2011年11月の国際収支の速報値を12日に発表しました。それによると、経常収支(海外との物品やサービス等の収支)の黒字は1385億円で、前年の同じ月に比べて85.5%も減少したそうです。

 アメリカで起きたサブプライム・ショック(日本ではリーマン・ショックの方が知られる)の影響で景気が急速に悪化した2009年1月に1327億円の経常赤字に転落して以来、実に2年10か月ぶりとなる低水準で、黒字幅の縮小は9か月連続だと言うことです。

 2011年は年間通して赤字になるようです。これは31年ぶりの事だとか。何しろ超円高で元々輸出が落ち込んでいた所へ、東日本大震災が発生。しかも、福島第一原子力発電所の事故によって電力不足。しかもその後、タイで大洪水が発生して日本企業の工場が水没する被害を受け、またしても輸出が滞る事態。おまけに欧米経済が低調で、輸出も中々回復しません。日本が1000兆円に迫る謝金を背負いながら、財政破綻をきたさないのは国外からの借金がないのと経常黒字のおかげといわれますが、その片方が崩れればどうなるか。このままでは、日本の方がよっぽど破綻してしまいそうです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です