グーグルが自社ブランドのタブレット発表

 インターネット検索サービスの世界最大手、グーグルの27日発表によると、自社ブランドのタブレット型端末「ネクサス7」をアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアの4か国で発売するそうです。

 ネクサス7は台湾メーカーのアスーステックと共同開発した新端末で、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」の最新版を搭載し、画像処理性能などを高めたタブレット端末です。画面は7インチ型でアップルのタブレット型端末「iPad(アイパッド)」より小さく、重さは340グラムで、ハイビジョンの動画を連続8時間視聴が可能です。価格は199ドル、日本円で約1万5800円からで、アイパッドの半額以下に抑えられています。7月半ばから出荷すると言う事ですが、日本での発売は今の所未定だそうです。

 グーグルが2005年にAndroid社を買収したときには、同社が「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れました。しかし、実際には携帯電話向けソフトウェアプラットフォームとしてアンドロイドを発表したのみでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です